Collections

Spring/Summer 2018
When I was sixteen

2018ss 2018ss 2018ss 2018ss 2018ss 2018ss 2018ss 2018ss 2018ss 2018ss 2018ss 2018ss 2018ss 2018ss 2018ss 2018ss 2018ss
  • Sixteen Southern
  • France
  • Memories
  • Tricolour
  • Marine pattern prints
  • The scent of summer
  • Adolescence
  • Lavender fields
  • Emotions of youth
  • A fleeting moment
  • Dreams and the future
  • 16才
  • 南フランス
  • 思い出
  • トリコロール
  • マリン柄プリント
  • 夏の香り
  • 思春期
  • ラベンダー畑
  • 若さゆえの感情
  • 刹那
  • 夢と未来

When I was sixteen I spent the summer alone in France.
My French host family didn’t speak any English so I, (with my limited French) and a girl a year older than me and an adolescent like myself, spent our days from morning to night doing our utmost to communicate with each other. During that time I enjoyed casual French fashion by creating outfits out of grunge-look floral print long dresses (which were popular at the time), Breton stripe t-shirts, white casquettes, espadrilles, ballet shoes, mini skirts and some tricolore-coloured garments.

Towards the end of the summer, three of us — the girl, her mother and I — spent a week travelling in the south of France. When they took me to a perfume factory, a solitary building on a wide road filled with lavender, the girl said to me, “when I grow up I want to be someone who makes perfume”. At that moment for some reason or the other, I replied, with great conviction, “I want to work in fashion in the future”. And that childish conversation is my most vivid memory of that one summer.

Years have gone by, we have both grown up and are living the future that we painted in our minds at the time. She went to Canada to study chemistry and is now working with perfume, I am doing design work while travelling between London and Tokyo.

I still envision that scene in my mind from time to time.
The intense late summer sunlight of southern France created a vaguely magical memory, and that fleeting memory continues to be a core part of my life and ideas.

Designer SHOKO

16歳の夏を、私はひとり、フランスで過ごした。
ホームステイ先のフランス人家族は英語を話さず、私よりひとつ年上の女の子がいて、まだ初歩的なフランス語しか話せなかった私とお互いに思春期だったこともありながら、精一杯のコミュニケーションをとりながら、朝から晩まで共に生活をしていた。その頃の私は、当時流行っていたグランジな雰囲気の花柄のロングドレスとボーダーTシャツ、白いキャスケット、エスパドリーユ、バレエシューズ、トリコロールカラーのアイテムやミニスカートを着まわして、フレンチカジュアルを楽しんでいた。

その夏の終わり、彼女と、彼女の母親と、3人で1週間かけて南フランスを旅した。ラベンダーが広がる広い道にぽつんと佇む香水工場に連れて行ってくれたとき、彼女が「私は将来、香水を作る人になりたいの」と言った。私はその時なんとなく、でも強く、「私は将来、ファッションの仕事がしたい」と返したと思う。その他愛もない会話が、そのひと夏の中で、一番印象的に残っている。

あれから何年も経ち、お互い大人になって、私たちはそれぞれあの時描いていた未来にいる。彼女はカナダに渡って化学を学んで香りの仕事を、私はロンドンと東京を行き来しながら、デザインの仕事をしている。

私は今でも、あの景色を頭に思い描くことがある。
南仏の、夏の終わりの強い強い日差しは、ぼんやりと幻想的な記憶を作り、今となっても刹那な思い出が、私の人生と思想のコアな部分に存在し続けている。

デザイナー SHOKO

Photography by Takeshi Suga
Hair and make-up by Misai Yaeshima
Styling by SHOKO
Modelling by Nastya at Zucca

PAGE TOP